うさたんの風習コラム #1

PR

うさたん
MITの更新してない間FXはじめました。
自動売買だけど。

こんばんは、うさたんです。

夏ですね〜。
皆さんはお盆いかがお過ごしですか?

おじいちゃんおばあちゃんに顔を見せに行く人もいれば
自分たちで遊びに行っている人、実家に帰る人。
もしくはお盆も休まず働いている人。

色々だと思います。

えっ?私ですか?

この3日間ユーロの動きが激しかったので
ずっとFXトレード眺めてました。
いい休みだ

ちなみにユーロの金額変動は
トルコリラの暴落が引き金となって、
売りにつながっているようですね。

っとまぁ…みんながリア充している間に
そんな自堕落な過ごし方を
している私ですが、
ちょっと気になったことがあったので
調べてみました。

みんなも多分本当は知りたいはず、
今更聞けない話みたいなので
林先生が答えてそうなあの質問です。

 

そう、

お盆ってそもそもなに?

 

早速ググってみると。

お盆とは、亡くなった先祖の霊が帰ってくる時期であり、追善供養したり感謝する期間のことを指します。
お墓参りをしたりお供え物をしておもてなしをします。

その時期は7月か8月の13日〜16日とされています。
月の違いは旧暦と新暦の違いであり、どちらを採用している地域かによって変わります。

お盆によく見られるなすときゅうりに爪楊枝や割り箸を刺したお供え物の名前は「精霊馬」と言います。
精霊とは先祖の霊を意味する言葉です。
亡くなった方が死後の世界から移動するための乗り物とするのが精霊馬です。

お盆を迎える13日には、足の早いと速いをかけた馬であるきゅうりに乗ってきます。
お送りする16日には、足の早くないなすを牛に見立て、精霊牛とも呼びます。
これは、「帰りは早く、行きは遅く」という気持ちが込められています。

元々お盆の時期は7月で農作物の収穫時期が近くにありました。
夏野菜であるなすときゅうりは、時期が被っていたために精霊馬として表現されたのです。
昔はなすは高価な野菜であったことから、農作物への感謝をも表していたのだと考えられます。

 

(終活ねっと 引用)

 

ナスとかきゅうりとかに乗って帰って来る
急なメルヘンチックさとかなんとなく
日本っぽくない気がしますがこれにも
意味があったんですね。

足の早いと速いをかけるあたりは
すごく日本っぽさを感じる。

…にしても厳格だったおじいちゃんたちが
必死にナスとかにまたがって帰ってきてると思ったら
可愛くないですか?

えっ、可愛い。(画力)

ツイッターを見てると
きゅうりとかナスを凄い装飾して快適な空の旅を
ご先祖様に提供している方もいました。

面白半分でやっている方もいると思いますが
日本の昔からの風習が続いていくのって
何だか素敵ですよね。

 

ちなみに、地域にもよってもお盆の風習は色々あるそうで…

【宮城県】

宮城県では、8/16に“わら”で作った「盆舟」を流します。
盆舟の舵取りは新盆を迎えた人の霊が行うので、沖へ流れ出れば供養できたと喜びます。

【長野県】

川べりに出て、めいめいに仏様を背負う形をして家に帰ってくるのを迎え火を焚いてお迎えしますが、そのとき、
「じいさん、ばあさん、このあかりでおいでおいで」と唱えます。

【静岡県】

静岡県西部(浜松市近辺)では、「内施餓鬼」と「寺施餓鬼(外施餓鬼)」と二つセットで、初盆の行事のことを指します。
自宅での法要、お寺での法要をそれぞれ異なる日程で行います。

内施餓鬼・・・自宅にお寺様が来て、お経をあげる
寺施餓鬼・・・お寺で檀家の方が集まって行う合同法要

【関西】

通常のお盆とは別に、「地蔵盆」と呼ばれる子供たちが主役の行事があります。
準備は初日の朝に町内の人が協力して行い、地域で祀ってあるお地蔵様を綺麗に飾り付け、お供えものや灯篭を置きます。

 

などなど。
まだまだ色々な面白い地域の風習もあるのでぜひ調べてみてください!

 

祝日や休日をただのお休みと捉えるのではなく
“風習”というところに
目を向けてみると面白い発見があるかもしれません!

それでは今日はこの辺で!

アデュー!!!!

Mitってなに??
Mitは明日がもっと楽しくなるような情報を発信するエンターテイメントパラレルメディアです。

最新の情報から、ちょっと変わった視点の情報まで!

イラストレイター、アーティスト、起業家、エンジニアetc…といった様々なジャンルを本業とするメンバーが、独自の切り口、キャラクターで情報を発信しています。

ぜひ、そんなクリエイターたちの作る記事を見て「明日をもっと面白く」する話題を見つけてみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

うさたん

元保育士。「親子の境界線をなくそう」を目標に、子どもも大人も心の豊かさが学べる事業を提供したく、現在経営コンサルティング会社で勉強しながら起業準備活動中。