深センに行ってみた!現地からレポート #1

PR

こんばんは!SOです。

今回は、海外からMITを更新してみようと思います〜

今いるのは中国の深セン!近年スタートアップなどが盛んで、東洋のシリコンバレーとも言われています。

まずは香港空港を経由

直接深セン空港に行こうと思ったのですが、香港経由のほうがLCCも就航しているため、今回は香港経由にしました。

香港までは”AIR INDIA”という、インドの航空会社を使用。
“サービス最悪”というネットの事前情報があったので、恐る恐る搭乗します。

実際、サービスは普通でした!逆に、日本のサービスが過剰過ぎるからでは?と思ったほど。
愛想の良い添乗員で、気持ち良かったです。

機内食は流石、スパイシーチキン!
本場、インディカ米を使った美味しい料理でした〜

無事香港に降り立つと、目の前にこんな光景が…!
なんじゃこりゃ、こんなに人が住んでるの!?

小腹が空いたので、香港の港で飲茶を堪能。笑

初めて香港に来たのが8年前…でしたが、
その時よりさらにきらびやかになっている印象でした。

眠らない街って感じです。

そこから40分強電車に乗って、中国との国境へ。

着きました、福田口岸(Futian Checkpoint)!
地元の人達は電車の改札を出て、何食わぬ顔で出国手続きに向かいます。

日本では考えられない光景だったので、非常に面白かったです!

中国に入国、ホテルへ

無事、中国に入国!

ここからホテルがある、ファーチャンペイ(華強北)に向かいます。

福田口岸から地下鉄に乗るのですが、ここの地下鉄は乗る前に必ず手荷物検査を受けなければなりません…。
面倒というか、そこまでするのか…

そして、こちらが地下鉄の切符!
磁気が搭載された、プラスチック製のチップです。

逆に無くしそう…笑

 

 

以上、深セン入国編でした!
明日から深センをゆっくり堪能してきます!

Mitってなに??
Mitは明日がもっと楽しくなるような情報を発信するエンターテイメントパラレルメディアです。

最新の情報から、ちょっと変わった視点の情報まで!

イラストレイター、アーティスト、起業家、エンジニアetc…といった様々なジャンルを本業とするメンバーが、独自の切り口、キャラクターで情報を発信しています。

ぜひ、そんなクリエイターたちの作る記事を見て「明日をもっと面白く」する話題を見つけてみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

WEB開発事業Crisp Code代表/Euphony DIGITAL代表/(一社)フォーラム次世代政策研究所クリエイティブディレクター/人工知能研究会AIR会員/他様々なプロジェクトに参加しているデザイナー兼プログラマー.某有名高校の鉄道研究部初代部長.KU理工学部生.Grooveドラマー.車/洋楽/サイクリング/