【今更聞けないシリーズ】透明水彩の使い方:応用編

PR

 

 

 

ごんちゃん
花粉症であることを認めたくない、
ごんちゃんです。

 

 

 

さてさて勝手にシリーズ化していた透明水彩のお話、
本日で最終章にしようかな。

 

 

技法:応用編のお話です。

どぞっ

 

 

 

 

マスキング

マスキングテープやマスキングペンを使います。
その部分には色がつかないです。

(漏れてますけど)

マスキングペン、私は使ったことがないのですが
光りの表現などに最適かと思います。

 

 

 

スポンジ

スポンジやタンポ(てるてるぼうずの頭みたいなやつ)に絵の具をつけて
ぽんぽんと紙に色を乗せていきます。

 

 

 

スパッタリング

筆に絵の具をつけ、別の筆などにコンコンと打ち付けます。

他は歯ブラシなどにつけたり細かい網ではじいたり、、

とにかくはじくことによりできるしぶきを利用します。

 

 

 

ドライブラシ

乾いた筆で描くことにより紙の質感を出します。

木や土、ニットなどのザラザラしたものの表現に適しています。

 

 

 

クレヨン

クレヨンやロウで描いたところは絵の具をはじきます。

花火とか描くとカワイイですね。

 

 

 

ソルト

塩ふります。

初めてやったわ!!

前回のリフティングとはまた違った感じですね。
これもおもしろい。

 

 

 

 

まとめ

 

こんなかんじで透明水彩と一言で表しても
いろーーんな表現方法があります。

楽しい画材ですね。

 

そのうち修正方法などもご紹介できたら、、、
と、おもいます^^

 

 

やってみてね!
ほんとに!
透明水彩素敵だから!!!

 

 

 

さて

 

今日も今日とてLet’s try!!
では、ごんちゃんでした~
バイバイっ!

 

 

 

Mitってなに??
Mitは明日がもっと楽しくなるような情報を発信するエンターテイメントパラレルメディアです。

最新の情報から、ちょっと変わった視点の情報まで!

イラストレイター、アーティスト、起業家、エンジニアetc…といった様々なジャンルを本業とするメンバーが、独自の切り口、キャラクターで情報を発信しています。

ぜひ、そんなクリエイターたちの作る記事を見て「明日をもっと面白く」する話題を見つけてみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

ごんちゃん

イラストレーターの卵。 主に20代~30代の女性向けファッションイラストを得意としている専門学生(3月卒業予定) また、アパレルスタッフの経験(今もやってます)も生かしながら、 イラスト、デザイン、ファッション、メイクにて女性の「カワイイ!」を追求している。 ※随時、イラストのお仕事募集中※