【今更聞けないシリーズ】透明水彩の使い方

PR

 

 

 

ごんちゃん
今更聞けない、に便乗します。
便乗商法大好きごんちゃんです。

 

 

今世間は「水彩画」ブームがずっと続いています。

水彩画、思わずカワイイと言っちゃうんですよね。

 

 

 

今日はそんな女子ウケの水彩、
よく見るけどどうやって使うの?

というお話。

 

 

 

 

 

水彩画

 

 

 

こういった滲み、ぼかしを得意とする画材です。

 

 

 

 

用意するもの

 

 

 

ホルベイン:透明水彩18色セット

パレット

汚い雑巾

筆洗

 

 

どれもほんまに汚いですすみません(笑)

 

 

 

 

 

前準備

 

 

このようにニュルンと適量出します。

 

 

それを2~3日放置、、、

 

 

するとカンカチコンに固まります。

それを18色(+α)するとこうなります。

 

 

 

 

裏向けてもたれたりしません。

カンカチコンです。

 

 

 

これで準備完了です。

 

 

 

 

 

塗ってみる

 

筆にお水をつけて、
ピンクをとってみましょう。

溶かすイメージですね。

次に黄色

まぜまぜ

水はびしょびしょが重要です。

 

あと、重要なのが水彩紙です。

今回はワトソン紙を使用しました。

すると、水彩独特のテクスチャが出ます。

 

 

 

もっとびしょびしょにしてみましょう。

 

当然ですがお水を増やすと
薄くなります。

 

いや、びしょびしょすぎやん!
と心配したアナタ。

安心してください。

 

 

乾くとこんな感じ

 

 

はいカワイイ~~~~!!!

 

 

 

ということで準備とちょっとお試しができましたね。

次回は技法をご紹介したいと思います。

お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

今日も今日とてLet’s try!!
では、ごんちゃんでした~
バイバイっ!

Mitってなに??
Mitは明日がもっと楽しくなるような情報を発信するエンターテイメントパラレルメディアです。

最新の情報から、ちょっと変わった視点の情報まで!

イラストレイター、アーティスト、起業家、エンジニアetc…といった様々なジャンルを本業とするメンバーが、独自の切り口、キャラクターで情報を発信しています。

ぜひ、そんなクリエイターたちの作る記事を見て「明日をもっと面白く」する話題を見つけてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ごんちゃん

イラストレーターの卵。 主に20代~30代の女性向けファッションイラストを得意としている専門学生(3月卒業予定) また、アパレルスタッフの経験(今もやってます)も生かしながら、 イラスト、デザイン、ファッション、メイクにて女性の「カワイイ!」を追求している。 ※随時、イラストのお仕事募集中※