「消える名刺」

PR

通行人
なんだこりゃ?消える名刺?消えるってどういうこと?
ナショ
消えるという意味でございます。

週刊ストーリーランドみたいな名称ですが

実は、世界で初めて本当に「消える」名刺を生み出しました。

台所で実験してるので、見栄え悪くてすみません(;^ω^)

消える とは?

実は、この名刺、火薬でできていて、一瞬で燃え尽きて「消えて」しまうのです!

「どうも!中島匠一と申します!」「ボン!!」

相手の目の前で、眩い閃光の後に燃えカス一つ残らず名刺が消える衝撃的展開。

名刺の情報よりも、確実に覚えてもらえちゃう奇跡の名刺がこちらです!

 

なぜ作ろうと思ったのか?

ある日の飲み会で、「セルロースナノファイバー」という未来の技術の話がでました。

セルロースナノファイバーは軽くて頑丈な新しい紙素材として注目されています。

それでできた名刺なんかもよさそうという声もありましたが、僕はあえて逆行したいと思いました。

頑丈でもなく、名乗る機能すら捨ててしまう。

そんな新しい名刺を作れてしまう素材…

じゃあ!同じセルロース仲間の「ニトロセルロース」で作ってしまおう!

ニトロセルロースとは


ニトロセルロース (nitrocellulose) は、硝酸繊維素、硝化綿ともいい、セルロースを硝酸と硫酸との混酸で処理して得られるセルロースの硝酸エステルである。白色または淡黄色の綿状物質で、着火すると激しく燃焼する。
〜Wikipediaより

市販品としては、フラッシュペーパーと呼ばれ、紙やハンカチを一瞬で消す手品で使われています。

これに直接、名刺を印刷するのは大変なことでした。

さらに、糊剤や、空気や指で触れたときの油分などで簡単に劣化するため、さまざまな改善策を講じました。

実際に挨拶してみた。

 

 

とある交流会で、消える名刺を披露。ちょっと自分でもビビってます(;^ω^)

 

 

小さい子からアンコールの声をいただいたので、5回ほど連続して披露しました(笑)

 

 

まとめ・今後の展開

名刺としての役割を果たしてないといえば果たしてないですが、「自分を覚えてもらう」という点で果たしているところは果たしていると思うのです(笑)

消える名刺も少量であれば作れますので、お声かけくださいませ。

そしてそして~実は「消える名刺シリーズ」として、あと2種類ほど発明してます。

今後の記事更新で公開したいと思いますので、乞うご期待!

ナショ
ファイヤーアーティストという肩書も名乗ってますので、これもアートの成果っちゃあ成果ですかね
Mitってなに??
Mitは明日がもっと楽しくなるような情報を発信するエンターテイメントパラレルメディアです。

最新の情報から、ちょっと変わった視点の情報まで!

イラストレイター、アーティスト、起業家、エンジニアetc…といった様々なジャンルを本業とするメンバーが、独自の切り口、キャラクターで情報を発信しています。

ぜひ、そんなクリエイターたちの作る記事を見て「明日をもっと面白く」する話題を見つけてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です