おかあさんといっしょが映画化!?

名前
未だおかあさんといっしょが好きです。

こんにちは。うさたんです。

皆さんは子どものころどんな教育番組を見ていましたか?
おかあさんといっしょは皆通ってきた道じゃないかと勝手に思っています。
最高。

ちなみに「スプラピスプラパスプラピプープー」世代でした。
年がばれちゃう。

さて、皆だいすきおかあさんといっしょですが初の映画化が決定したようです!

おかあさんといっしょとは?

「おかあさんといっしょ」は2歳~4歳児を対象にした教育的エンターテインメント番組として
現在まで半世紀以上続く“超”長寿番組です。

この約60年間、多くの子どもたちが「おかあさんといっしょ」を見て育ってきているといっても
過言ではありません。
現在も全国の子どもたちはテレビの前で歌のお兄さんやお姉さんといっしょに歌い、
体を動かしながら感性を育んでいます。

気になる映画の内容は?

ゆういちろうお兄さんとあつこお姉さん、よしお兄さん、りさお姉さんが通常のテレビ放送とは異なり、
スタジオを飛び出して、様々な場所へ冒険に出かけます。
お兄さんお姉さんと映画館の大きなスクリーンで巻き起こる冒険を一緒に体感し、さらには歌って踊れる映画館ならではの内容となっています。
もちろん大人気の体操「ブンバ・ボーン!」も!
また、番組でおなじみの人形劇「ガラピコぷ~」は、初のオリジナルアニメ化!
チョロミー、ムームー、ガラピコは、いつもの「しずく星」を飛び出し、
初めて訪れる星へ。スケールアップされた世界で、「ガラピコぷ~」の大冒険が描かれます。

 

9月7日ロードショーです!
楽しみですね~!!

 

おかあさんといっしょの魅力

子どもに対する自発性促進

2~4歳の子どもを対象としている番組ですが
「はみがきじょうずかな」やパジャマのお着換えをしているところを流すのには
目的がもちろんあります。

それが、子どもに対する自発性の促進であると考えることが出来ます。
「この子がやってるから自分もやってみよう」という気持ちを育んでくれます。

人間関係の在り方を学ぶ

難しくいうと、そんな言い回しになってしまいますが
いつも教育テレビには可愛いキャラクターがいますよね。

いまだとチョロミー、ムームー、ガラピコですが
そんなキャラクターが喧嘩したり、助け合ったりする姿を見て
子どもたちは人間関係を自然と学んでいます。

動物への興味

おかあさんといっしょの中でほんの数秒ですが
動物の映像が流れることはご存知でしょうか?
あれも、ただ時間を埋めるために流しているわけではもちろんありません。

絵本では見るけど、話では聞くけど、
本当に動物が動いているところを見ることはそう多くの機会があるわけではありません。

映像を流すことで、子どもたちは
自然や動物に対しての興味をもつ機会となります。

 

まとめ

 

おかあさんといっしょは「大人もいっしょにたのしむ」ことも目的とされているそうです。
大人になった今でも私はその時間家にいることがあればおかあさんといっしょを
見てしまうくらいには大好きです。

魅力たっぷりなおかあさんといっしょの映画化!
お見逃しなく!

うさたん
子どももいないけど
強い気持ちで見に行きたい…

あでゅー!!!!

Mitってなに??
Mitは明日がもっと楽しくなるような情報を発信するエンターテイメントパラレルメディアです。

最新の情報から、ちょっと変わった視点の情報まで!

イラストレイター、アーティスト、起業家、エンジニアetc…といった様々なジャンルを本業とするメンバーが、独自の切り口、キャラクターで情報を発信しています。

ぜひ、そんなクリエイターたちの作る記事を見て「明日をもっと面白く」する話題を見つけてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

うさたん

元保育士。「親子の境界線をなくそう」を目標に、子どもも大人も心の豊かさが学べる事業を提供したく、現在経営コンサルティング会社で勉強しながら起業準備活動中。