【CLIP STUDIO】ベクターレイヤーの便利な使い方

PR

 

 

ごんちゃん
久しぶりにイラストレーターぽいこと書いてみようかな。
ごんちゃんです。

 

 

 

 ベクターレイヤーとは

レイヤーの種類1 ラスターとベクター

ベクターレイヤーと言いますが、
今回はCLIP STUDIOにおける、
というのを特筆します。

 

「ベクター ラスター 違い」とかでGoogle先生に聞くと
たくさん答えが返ってきます。

そういう答えと私の経験を掛け合わせてお話します。

 

 

 

ベクターレイヤーの必要性

 

イラストやマンガを描くうえで欠かせないのが
「ペン入れ」の作業です。

 

私自身がアナログ(手描き)で
イラスト制作をすることが増えて特に感じるのですが
デジタルで制作をすると拡大縮小したりして
もっときれいにしたい!という
こだわりがどんどん出てきます。

 

それに見る方も印刷ではなく
携帯やパソコンでみるので
こちらも拡大縮小したりして
アラが目立つようになります。

 

 

そうしたときに
「もっと美しい線画が描きたい!」
という思いが出てくるわけですね。

 

 

その思いに欠かせないのが
ベクターレイヤーなのです。

 

 

 

CLIP STUDIOでの便利な使い方

交点まで消去

文字通り交点まで消去してくれます。

 

 

 

 

線幅調整

 

太くしたり細くしたり

 

 

 

線つまみ

 

(あんまりつかわんけど)

 

 

 

 

 

 

私がめっちゃ使うんは交点まで消去です。

 

 

でもあんまり複雑になりすぎると
データが激重になります。

 

難しいことはわかりませんが(笑)

 

 

 

 

 

 

ラスターレイヤーとは

 

 

そんな美しく描いた線画に
美しく色を塗りたいと思うのは
自然な流れだと思います。わかります。

 

 

アンチエイリアスと呼ばれる
この部分であったり

 

 

 

こんなグラデーションであったり

 

 

 

 

こーんな滲みまでできちゃいますよっ

 

 

 

こうした塗りであったり加工したり
できるのがラスターレイヤーです。

 

もちろん線も描けます。

 

 

 

 

 

 

 

CLIP STUDIOからPhotoshopに変換したときの注意点

 

 

更にCLIP STUDIOはPhotoshopに変換できます。

その時にベクターレイヤーがラスターレイヤーに
勝手に変換されてしまいます。

 

これはあらがえません。

ですので、Photoshopで色塗りするぞ!加工するぞ!
という前に線画がきちんと終わっていることが重要です。

 

 

 

 

ついでにそのときCMYKからRGBに変換されないようにする方法

 

 

最近知った機能なんです、、

 

以前の記事でも書きましたが
CLIP STUDIOはRGB形式しかなく、
印刷物には不向きです。

 

そのため、線画、べた塗りはCLIP STUDIO

その後Photoshopで影を塗るというのが私の定番であり
こういう手順を踏む方が多いと思います。

 

でもCLIP STUDIO(RGB)からPhotoshopに変換し、
その時にCMYKに変換した後に

やっぱり線画増やそう、、という状況に陥ることも
多々あります。

 

↑ではちゃんと終わらせてから変換すべき!
とか言ったくせに、、

 

 

Photoshop(CMYK)をCLIP STUDIOで開くと
勝手にRGBに変換されるわけですが

それをまたPhotoshop(CMYK)にすると
また色が変わっちゃいます。

 

RGB→CMYKでこれだけ変わります。

 

 

そうならないためには
CLIP STUDIOで開いたPhotoshopデータを
普通に上書き保存ではなく
「複製を保存」でPhotoshopにして保存します。

「別名で保存」みたいな感じ。

でもちょっと違います。

 

 

その時に注意なのが
ここにチェックを入れることです。

 

 

 

 

知った時は目から鱗でした。

↑実はこいつ2回目の登場です。

 

 

 

最後になりましたがオススメの使い時

 

 

ズバリ、髪の毛です。

 

 

この赤い部分を消します。

 

 

こういうのをこちょこちょするとこうなります。

 

 

 

ボツになった子なんで
日の目を浴びせてあげたかったんです、、

 

 

 

 

と、まあ

そんな豆知識とともに
CLIP STUDIOの便利機能の紹介でした!

 

 

ほんとにCLIP STUDIOないとなにもできません。
ありがとう、ありがとう、CLIP STUDIO。

 

 

最近やっと絵描くの楽しくなってきました。

やっと(笑)

 

どんどん表現していきましょう!

 

 

今日も今日とてLet’s try!!
では、ごんちゃんでした~
バイバイっ!

 

 

 

 

 

Mitってなに??
Mitは明日がもっと楽しくなるような情報を発信するエンターテイメントパラレルメディアです。

最新の情報から、ちょっと変わった視点の情報まで!

イラストレイター、アーティスト、起業家、エンジニアetc…といった様々なジャンルを本業とするメンバーが、独自の切り口、キャラクターで情報を発信しています。

ぜひ、そんなクリエイターたちの作る記事を見て「明日をもっと面白く」する話題を見つけてみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

ごんちゃん

イラストレーターの卵。 主に20代~30代の女性向けファッションイラストを得意としている専門学生(3月卒業予定) また、アパレルスタッフの経験(今もやってます)も生かしながら、 イラスト、デザイン、ファッション、メイクにて女性の「カワイイ!」を追求している。 ※随時、イラストのお仕事募集中※