【画材紹介】アクリルガッシュ:ジャパニーズカラー

 

 

ごんちゃん
年末年始は常に酔っぱらっていました。
ごんちゃんです。

 

 

ついに平成という時代の最後の年がきました。
今年も宜しくお願い申し上げます。

 

新年一発目の更新はまだまだお正月気分を引っ張りたいと思います。
関西では1/15までまだ松の内ですしね!

 

 

 

 

 

というわけで、

ターナー色彩株式会社さん

ターナーアクリルガッシュ ジャパネスクカラーのご紹介です。

 

 

 

ジャパネスクカラー

 

 

以前ライブペイントをするために参加したイベントで
ターナーさんから参加賞として頂いたものをピックアップします。

 

 

 

限定版パッケージなんだって!かっこいいね!!

 

 

これに入っている12色はこちら!

 

 

 

 

 

実践!

 

 

さて順番に塗ってみました。

 

 

かわいい、、

 

 

HPによると

絵具の中に細かな粉を混合し、
ざらざらとした独特の質感と
「日本」を感じさせる落ち着いた色調美
とあります。

 

 

まさにその通りで
乾くとマットな感じ、ざらざらとした質感が出てきました。

 

名前も絶妙な可愛さですが
色は彩度が低めでくすんでおり
着物やお花、和食器とかに使われるような色ですね。

 

 

 

アクリルガッシュ

 

順番が前後しましたがアクリルガッシュについて軽く説明します。

 

 

アクリル絵の具とは
アクリル樹脂が入っていて
乾いたら耐水性になる絵の具のことですが
アクリルガッシュはその中でも「不透明」な絵の具です。

紙以外にも木とかプラスチックとかにも描けちゃいます。

 

速く乾いてムラになりにくく、マットな仕上がりになるため
デザインをする方に多く使われているようです。

 

 

そしてすぐに乾いて、その後は耐水性になるので
筆やパレット、服などがコペコペになるというのは
アクリルあるあるです。

(みんな注意してね!!)

 

 

 

さいごに、、

 

私は上にも書いたように
ライブペイントの時によく使います。

 

速く乾いてどんどん上から重ねていっても
不透明なので下の色が出てこないところがポイントです。

 

 

そして来る2/18に川西まちなか美術館という
兵庫県川西市で行われるイベントに
ライブペイントで出演予定です!

そこはこの絵の具を頂いたイベントなのです。

 

 

お時間ありましたら是非見に来てくだs、、、

 

 

 

宣伝かーーーーーーい!!!!!!(笑)

 

 

 

川西まちなか美術館

 

というわけで、(どういうわけや)
今年はもっともっと表現の場を増やしていこうと思っています。

 

ごんちゃん
ぶちかましていくぜ

 

 

今日も今日とてLet’s try!!
では、ごんちゃんでした~
バイバイっ!

Mitってなに??
Mitは明日がもっと楽しくなるような情報を発信するエンターテイメントパラレルメディアです。

最新の情報から、ちょっと変わった視点の情報まで!

イラストレイター、アーティスト、起業家、エンジニアetc…といった様々なジャンルを本業とするメンバーが、独自の切り口、キャラクターで情報を発信しています。

ぜひ、そんなクリエイターたちの作る記事を見て「明日をもっと面白く」する話題を見つけてみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

ごんちゃん

イラストレーターの卵。 主に20代~30代の女性向けファッションイラストを得意としている専門学生(3月卒業予定) また、アパレルスタッフの経験(今もやってます)も生かしながら、 イラスト、デザイン、ファッション、メイクにて女性の「カワイイ!」を追求している。 ※随時、イラストのお仕事募集中※