【何気ないけど】お正月遊びって深い意味があるの知ってますか?

うさたん
年末にかけて街中がフワフワしてくるこの雰囲気めちゃめちゃに好き

こんにちは。うさたんです。

あんなに楽しみにしていたクリスマスも終わり、お正月ムードが漂ってきましたね。
皆さんは、お正月といえば何を思い浮かべますか?

お雑煮? 初日の出?
片想い中のあの子の横顔を見ながら初詣?甘酸っぱいなあ~おい。

他にもお正月には楽しみなことがいっぱいありますよね。
お年玉とかお年玉とか、お年玉とか…。

今日はそんな楽しみがたくさん待っているお正月にする伝統遊びについてです。

お正月遊び、何個知ってますか?

 

「お正月遊び」と一言でいっても沢山ありますよね。
皆さんはいくつ思い浮かびますか?

皆さんが良く知っているところでいくと

・はごいた
・福笑い
・かるた
・こま回し
・凧あげ

あたりでしょうか?

他にも

・けん玉
・すごろく
・めんこ
・お手玉
・百人一首

なんかも、お正月遊びとして耳馴染みがあるのでは?と思います。

子どものころ、学校やおうちでされた遊びもきっとあるのではないでしょうか。

昔から馴染みあるこのお正月遊びには様々な由来があります。
今回は、その中でも面白いと思った由来のものをご紹介していこうと思います。

 

お正月遊びの意味・由来

 

はごいた(羽子板)

由来

羽子板の歴史は古く、もともとは宮中行事で羽根つきをする道具として作られましたが
徐々に厄払いの意味を持つようになり、普及します。
羽根つきが始まった当時、羽根は、無患子(むくろじ)という植物の種が使われていました。
この「子供が患わない」という漢字は縁起がよいとされました。

また、羽根つきで顔に炭を塗るってよく聞きませんか?
大人の事情で羽根つきをしても済を顔に塗るまで子どものころに経験した人は少ないかもしれませんが
これにもちゃんとした意味があります。

羽根つきをするのには、「長く健康が続くように」という願いが込められているので
打ち合いを落とさないように続けるものです。
でも、長くといったところでいつかは落ちてしまいますよね。
そのときに、願いが途切れてしまっても鬼が嫌がる黒色を塗ることで身を守る。
なんていう意味があるんですね。

学び

楽しみながら身体を動かす

うさたん
羽根を追って打ち返しながら「1.2.3…」と数を数えて遊ぶことは、身体を動かしながら「数字」との触れ合いにもつながりますよね。

 

こま回し

由来

宮中の年中行事の余興として行われていたものが、平安時代になって貴族の遊戯となり、
平安後期に子供の遊び道具となり、江戸時代から庶民の遊びとなりました。
その名の由来は、奈良時代に唐から高麗(こま=韓国北西部)を経て伝来したので『こま』という名前になり
中国語表記の『独楽』の漢字が用いられたと言われています。

物事が円滑に回るに通じて縁起がよく、うまく回ると子どもが早く独り立ちできるという
意味があるといわれています。

学び

やり方を工夫する力がつく

うさたん
こま回しをやったことある人は分かるかもしれませんが、とにかく始めは難しいですよね。
紐の持ち方や、回すときの投げ方など様々な条件がそろって初めてこまは回ります。
失敗を経て出来ない理由を考えて改善していくことは、工夫する力を大きく育ててくれますよね。

 

凧あげ

由来

もともとは、年の初めに両親が男子の出生を祝い、その無事な成長を祈る儀礼として行われていたものです。
また、子ども自身にとっても、願いごとを凧に乗せて天に届けるという意味もあったのです。

「立春の季に空に向くは養生の一つ」
(=暦の上で春がはじまる2月4日立春。そろそろ外で空を見上げると健康に良い)
という言葉から、転じてお正月に凧揚げが行われるようになりました。

学び

自然を感じることが出来る

うさたん
凧をあげるときに不可欠なのは「風」ですよね。
「風が凧を飛ばしているんだよ」ということを教えてあげることで子どもたちも自然を感じ、その力を知ることが出来ます。
また、凧を自分で作ることがある場合は工作を楽しむことが出来るので、創造力を養うこともできますね。

 

かるた

由来

室町時代にポルトガルから伝わった”うんすんかるた”が、
日本の”貝合わせ(貝に絵などを書いたものを並べて、ペアになる貝を当てる遊び)”
”花合わせ”の遊びと結びついて”花がるた(花札)”になったと言われています。

平安時代には、その頃流行した”歌合わせ”と結びついて”百人一首”などの”歌がるた”ができ、
その後江戸時代に、子どもたちがひらがなやことわざを覚えられるようにと”いろはがるた”へと発展していきました。

学び

言葉を覚えることが出来る

うさたん
かるたには絵が描かれているものや字が書かれているもの、様々ですがまだ字が分からないお子さんでも、言葉で聞くものと絵が一致することで言葉を覚えるきっかけとなりますし、文字が書かれているものであればカタカナやひらがなを覚えるきっかけとなります。

 

お年寄りからの学び

 

こういった昔ながらの遊びはお年寄りに教えてもらうことが多いですよね。
私が保育所で勤めていた時も、お正月はお年寄りの方々を招いてみんなでお正月遊びをしました。

1歳児の子たちでも、こまが回る姿をじっと見ている姿が印象的でした。
やっぱりふしぎですよね。

おじいちゃんおばあちゃんもとても楽しそうに披露してくれていたので笑顔溢れる園内イベントの一つでした。

核家族化と言われ、子どもと高齢者の方がともに時間を過ごすことが少なくなってきていますが
本来、共に過ごす時間は双方にとってメリットがあるといわれています。

 

お年寄りの方 子どもたち
役割が出来る お年寄りの方にとって子どもたちに何かを教えるという、新しい役割が出来ます 礼儀作法を学ぶことができる お年寄りの肩の姿を見本とし、たくさんの礼儀作法を知る機会となります。
日々の張りがでる お年寄りの方々にとって平穏に過ごす日々から一転、子どもたちの無邪気さに振り回される、嬉しい悲鳴です。 歴史を知ることが出来る お年寄りの方々が経験してこられたお話は、教科書で見るものよりもずっとリアルで面白く、子どもたちの興味をより高めることが出来ます

こういったメリットから
保育所と老人ホームの複合型施設も増えてきています。

大人から子どもが学ぶことは本当に無限にあると思います。
「いい見本」というと形式ばってしまいますが、大人が子どもたちとともに
楽しく遊ぶ機会がもっと増えればもっともっと豊かな笑顔溢れる日常になるのではないでしょうか。

 

まとめ

お正月に向けて遊びのことを少し取り上げさせてもらいました!
ほかにも、お正月にやることやおせち料理等々…には色々な意味があるのですがそれはまた次回ご紹介できればと思います!

うさたん
正月太りに備えて今から胃を大きくするために暴飲暴食の神となっています。痩せたい。

 

今年一年、Mitを見ていただきありがとうございました!
来年もよろしくお願いいたします!

それでは皆さん、良いお年をお迎えください!

Mitってなに??
Mitは明日がもっと楽しくなるような情報を発信するエンターテイメントパラレルメディアです。

最新の情報から、ちょっと変わった視点の情報まで!

イラストレイター、アーティスト、起業家、エンジニアetc…といった様々なジャンルを本業とするメンバーが、独自の切り口、キャラクターで情報を発信しています。

ぜひ、そんなクリエイターたちの作る記事を見て「明日をもっと面白く」する話題を見つけてみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

うさたん

元保育士。「親子の境界線をなくそう」を目標に、子どもも大人も心の豊かさが学べる事業を提供したく、現在経営コンサルティング会社で勉強しながら起業準備活動中。