【とびーの財務シリーズ】『財務のできないヤツは経営できない』といっても過言ではないくらい大事な大事な財務を簡単にまとめてみる。

PR

とびー
こんにちは。
年末の仕事納めでクリスマスどころじゃない。
とびーです。

みなさん。

年末になり忘年会やクリスマス等のイベントで、もう半分オフモードだったりするのではないでしょうか。

そこであえて、そのほのぼのムードをぶち壊すような小難しい話題を挟んでいきたいと思います。

 

その名も…

 

財務(ざいむ)

 

この言葉を見るだけで、吐き気がする人もいるのではないでしょうか。

 

しかし、この財務。

サラリーマンから個人事業主、企業経営者まで、ビジネススキルとして必須です。

 

「重要なのは知っているけどわからない…」

 

そんな人のために、とびーが2017年のクリスマスを機に勝手にシリーズ化して書いていきたいと思います。

 

「財務」と「会計」

 

「財務?大丈夫大丈夫!簿記の検定持ってるから。」

なんて思っている方はいらっしゃいませんか?

もしそうであれば、危ないです。

 

簿記 = 財務ではありません。

 

一般的な簿記の知識は「会計」に近く、財務とは別物です。

「会計」とは?

ではそもそも会計とは何でしょう?

実は英語でも別の表現になっています。

会計 = accounting(アカウンティング)

財務 = finance(ファイナンス)

簡単に説明すると、会計は「お金の流れの処理」のことを言います。

つまり、売上の入金や、仕入・経費の支払い、借入など。お金の動きを伴う取引を記録すること(厳密には減価償却等はお金は動きません)です。

「財務」とは?

一方で財務とは、「お金の管理」のことを言います。

会計により出てきた、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書を用いいて、資金調達や予算管理、投資、運用を行うことです。

 

つまり、「財務」と「会計」の関係性は

「会計」が現状の数字を計算し、

「財務」によってその計算結果を活用する。

ということになります。

 

倒産している会社の54%が黒字!?

あるあるなのが、決算や確定申告のために会計をしておしまい!のパターン。

これでは危ないです。

 

ちなみに東京商工リサーチの2015年のデータによりますと、

倒産企業の54%が黒字です。

 

計算書類(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書etc…)を見る限り、健全な経営。

なのに倒産ってなんで?

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

それは損益とキャッシュの動きは別物だからです。(これに付いては第3回で説明します。)

 

このように数字の結果だけを見ることは倒産のリスクまであります。

適切な投資の戦略を

財務マーケティング、マネジメントと同じくらい重要です。

なぜなら、それらにどれだけのコストをかけられるか。どれくらいのコストをかければ効果は最大になるのか。の基準になるのが財務だからです。

どれだけ良いマーケティング戦略を考えようと、教育プログラムを考えようと、その費用対効果を測定するにはその結果を表した会計を用いている財務による判断が必要不可欠です。

 

「財務なんて税理士に任せておけばいんじゃない?」なんて思う方もいらっしゃるかもしれませんが、税理士の業務は主に「税務・会計」です。

中には「財務」まで見て下さる方もいらっしゃるかもしれませんが、あなたに「その人の能力を見極める目」はありますか?

起業はできても経営ができないなんてあるある。

起業なんてぶっちゃけ紙を提出しておけば起業です。

もちろん起業もプロダクトを作ったり、マーケティング調査を行なったりと簡単ではありませんが、それは事業を起こすだけであって事業の継続、発展とは別物です。

もちろんその逆もしかりで、財務が出来たって経営はできません。

 

経営は「財務、マーケティング、マネジメント」のバランスが重要です。

個人事業だろうと、スタートアップだろうと、経営者であれば自分は「どこが苦手」「どこが得意か」は認識しておくことが大切です。

次回予告

今回は、

  • 「財務と会計の違い」
  • 「なぜ財務が重要なのか」

について簡単に触れてみました。

次回からはより掘り下げた話をしていきたいと思います!

そして次回は「財務の基本!財務三表とそれぞれの役割」について書いていきたいと思います!

とびー
実はとびーも財務は超苦手でした…

では!

Mitってなに??
Mitは明日がもっと楽しくなるような情報を発信するエンターテイメントパラレルメディアです。

最新の情報から、ちょっと変わった視点の情報まで!

イラストレイター、アーティスト、起業家、エンジニアetc…といった様々なジャンルを本業とするメンバーが、独自の切り口、キャラクターで情報を発信しています。

ぜひ、そんなクリエイターたちの作る記事を見て「明日をもっと面白く」する話題を見つけてみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

とびー

新卒で財務コンサルティング会社に就職し独立。 財務コンサルタントとしてのノウハウと、自身で運営するメディアや、クラウドファンディング事業とかけ合わせ、中小企業、若手起業家のを様々な側面からサポートする。 プログラミングや、デザイン、写真、財務、営業などのスキルを持ち合わせるが器用貧乏感が否めない。 Mitでは主にビジネス、Webサービス関係の記事を担当。