フォトジェニックな写真編集アプリで、フォト「ジェネリック」

ナショ
「フォトジェニック」「フォトジェネリック」?

どうも!毎度おなじみナショこと中島匠一です!

MITでもたびたび出てくる、「フォトジェニック」

フォトジェニックとは何ぞや?

と僕も思いました。なんか、黒柳徹子さんの顔が浮かんできました。

なので勘違いしたまま作品を作ってみました。

新作アプリ

こないだApp storeに「Photofox」というアプリがリリースされていたので、ダウンロードして作ってみることにしました。

なんとこのアプリ、合成写真が数分でできちゃう優れもの!

 

 

「フォト」

今日は、大阪の西中島南方駅近くにある「麺類みな人類」というラーメン屋さんに行ってきたので、そのラーメンを使いました。

 

「ジェネリック」

たぶん、ジェネリック薬品ならなんでもいいと思い、花粉症などの薬として処方される「アレグラ」のジェネリック
「フェキソフェナジン塩酸塩」を使用しました。

アプリを開く

先ほどの薬の写真をアプリから開きます

次に消しゴムモードで外側を消していきます。

あら不思議!!ワンタッチで外側がみるみる消えていきます!

そうここがこのアプリの強みで、対象物との背景を認識するのに長けているのです。

では次に右上の+マークをタッチしてラーメンの写真を開きます。

背景、前面と出したいほうにスライドさせれば順序が変わります。

次に変換モードをタッチ

ぐにゃぐにゃ変形できるので、動かしてみましょう。

はい!薬でできた海苔が完成!

この流れでどんどん遊んでいきましょう。

ぼくがドーン

ぼんぼーん!

完成~

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?フォトジェネリック。

この方法を使えば、フリー素材の観光名所の写真に簡単に自分を合成できますね!

まさに観光写真もジェネリック!

フォトジェニック?なんのことでしょう?(笑)

ナショ
新しい言葉として流行るといいな~。フォトジェネリック。

 

Mitってなに??
Mitは明日がもっと楽しくなるような情報を発信するエンターテイメントパラレルメディアです。

最新の情報から、ちょっと変わった視点の情報まで!

イラストレイター、アーティスト、起業家、エンジニアetc…といった様々なジャンルを本業とするメンバーが、独自の切り口、キャラクターで情報を発信しています。

ぜひ、そんなクリエイターたちの作る記事を見て「明日をもっと面白く」する話題を見つけてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です