【保育現場にIT導入?!】hugmoの画期的なサービス!

PR

うさたん
私のダイエットもITが勝手にしてくれる世の中になりますように

こんにちは。うさたんです。
痩せたいです

皆さんは、聞いたことがあるでしょうか?
「保育士の給料は割に合っていない!」というお話…

保育は子どもたちと共に時間を過ごすだけでなく、書類整理に親御様との連結…
他にも手を付けなければならない庶務が沢山あります。

そういったところを考えると、仕事量と合っていない!と言われるのかもしれません。

今日はそんな保育士さんたちの手助けになる?!
保育現場にとっても役立つ、面白いサービスを発見したので紹介いたします。

 

hugmoとは?

 

公式HP

子どもと共に保育者も保護者も成長できたら…子どもを中心としたすべての人がもっと幸せになれる。 「園と家庭がより深くより密につながることで子育ての毎日がワクワクするものになってほしい…」という思いからhugmo(子育てクラウド)は生まれました。

hugmoのサービスは、メインサービスであるhugnote(連絡帳サービス)を中心に、多彩なオプションサービスで構成されます。 オプションサービスは、日々の子育てをより便利に安心して子育てができるサービスをhugnoteアプリを通じてご提供いたします。

hugnoteは、保育園での毎日の業務である数多くのお便りやお知らせ、毎日の連絡帳記載、各種申請やスケジュール管理など、音声入力やマルチ入力などの豊富な機能で保育士の業務効率を劇的に向上させます。 また、保護者様は、毎日の園とコミュニケーションの効率化はもちろんこと多彩なオプションサービスで日々の子育てをより便利に安心して子育てができる環境をご提供いたします。

(HP一部引用)

つまり、幼稚園・保育園などの手助けになるサービスなんですね。

IT導入が様々な業種で行われていますが
ローカル感がよりいっそ強い保育の現場にITが導入できるようになる事は
かなり画期的だなと思います。

 

どんなサービスがあるの?

 

連絡帳サービス hugnote

保育園や幼稚園が欠かせないものといえば、連絡帳です。
コミュニケーションツールとしても、情報共有としても、とても大切な役割を果たします。

園だよりや写真を保育ルームでの貼りだしなどちょっとしたことですが
保育者たちが手作業でやると時間のかかってしまいますので、
こういったツールは保育者にとってかなり時間短縮になると思います。

また、保護者の方たちもリアルタイムでどんな場所でも子どもたちの様子を知ることが出来
連絡をとることが出来るのは安心につながると思います。

フォトサービス hugphoto

園が撮った写真が、「クラス」「各種イベント」「月別」に随時UPされます。
保護者の方が見て気に入った写真はL版プリントやアルバムとして販売することが出来ます。

子どもたちがほかの子どもと関わっている姿は、保護者の方といるときの表情と全然違います。
そういった表情をアプリ上で見ることができ、選んでアルバムやL版プリントとして綺麗に保管できるのはすごく魅力的だなと感じます。

ショッピングサービス hugselection

デジタル化されている連絡帳をフォトブックして残したり、在園中の記録をデータ化することができます。

保護者の方と園の連絡帳は、その日のご家庭での様子・園での様子を記載されている場合がほとんどです。
大きくなったときに「あなたはこんな風にして幼稚園・保育園のころに遊んでいたよ、こんな風に人と関わってきたんだよ」
とお話するきっかけになり、写真と同じくらい思い出に残るものになるだろうと思います。

バスロケーションサービス huglocation

今バスがどこにいるのかを把握できることで送迎時の待機時間を減らしたり、
渋滞や運行の遅れがあった場合にも位置情報を確認できることで安心なバス運行が出来ます。

こちらは、送迎バスを使われている園にとってはとても便利なツールだと思います。
送迎の時間、「子どもたちと一緒にバスを待つ」ことだけでも子どもにとっても保育者にとっても負担になりますので、この時間を予測できることはとても効率よくなりそうです。

 

働く保育士さんの声を聞いてみた

IT導入により様々な点で保育者側にもメリットが出てきます。
しかし、人対人との仕事である限り現段階のIT導入だけではカバーしきれない点
たくさんあります。

ということで、大阪から東京まで様々な保育園で経験を積まれている
保育士のりりさんに話を伺ってみました。

うさたん
早速なんですが現場働いていて、「こういったことが時間をとるな…」と感じることってありますか?
りりさん

まずは書類関係ですね。
毎月の指導案、週の指導案、月の個別指導案、3ヶ月に1回の児童表、毎日の日誌を書かなくてはなりません。

また、行事の準備から本番…運動会、生活発表会の衣装作りやイベント毎の出し物準備、何をするのかを決めての練習も必要です。
2時間程残業しなければならないところだってあります。

うさたん
なるほど…今回のhugmoの導入があれば日誌作成は少し楽になりますね。
行事は、子どもにとっても保護者にとっても行事は大イベントでずっと心に残るものですもんね。片時と手を抜くことは出来ないのでとても大変だった覚えがあります。
りりさん
あとは、保護者対応が要となってきます。
子ども一人一人の発達を保護者の方と連携を取って進めていくということが必要なので心がけていますね。
うさたん
確かに一番重要な点かもしれませんね。連携がうまくとれていないと、保護者の思う子育ての気持ちとズレてしまったり、子どものちょっとした変化の要因が何か探ることが難しかったりしますよね。
りりさん
そうですね…
そういうことを踏まえると、よく言われてますが給料と仕事が割りに合っていない…と思います。
うさたん
保育士が足りない今の現状理由はここが一番大きい原因かも知れませんね。
りりさん
難しい問題ですが、人間関係も就職・退職の頻度が多い原因でもあるかもしれないですね。
うさたん
いわゆる「女社会」と言われるところは人間関係の難しさがよく取り上げられますよね。
もちろん、全部が全部、全員が全員ではないと思いますがこういった点は常につきまとってきますね。
りりさん
今回のhugmoのように、少しずつでも環境改善を考えてくれる企業様がいると嬉しいですね
うさたん
そうですね~。保育者に心の余裕があると子どもとの関わりにももっと余裕がでてよりよい保育につながりますもんね。

より良い環境にしていくため、必要なこともまだまだ残っていそうですね。

 

まとめ

今やスマートフォンやPCで写真を見たり文章を読んだりすることが当たり前になってきています。
そして、ちょうど0~6歳児の子どもを持つ親御様の年代はスマートフォンやPCとなじみ深い年齢になってきているのではないでしょうか。
そういう意味で、いいタイミングでのIT導入だな…と感じます。

これを機に保育現場に視点をあてたサービスが増えていくと嬉しいです。

 

うさたん
誰か私のダイエットにも視点をあててください。

お粗末様でした。

 

あでゅー!!!!!

Mitってなに??
Mitは明日がもっと楽しくなるような情報を発信するエンターテイメントパラレルメディアです。

最新の情報から、ちょっと変わった視点の情報まで!

イラストレイター、アーティスト、起業家、エンジニアetc…といった様々なジャンルを本業とするメンバーが、独自の切り口、キャラクターで情報を発信しています。

ぜひ、そんなクリエイターたちの作る記事を見て「明日をもっと面白く」する話題を見つけてみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

うさたん

元保育士。「親子の境界線をなくそう」を目標に、子どもも大人も心の豊かさが学べる事業を提供したく、現在経営コンサルティング会社で勉強しながら起業準備活動中。