スマートスピーカーの普及でどう変わる!?元保育士が考えてみた

PR

うさたん
誰か私のためにどこでもドアを開発してください。

こんにちは。うさたんです。

 

共働きの時代、世の中の親御さんはきっと考えるはずです。

「家事の時間を減らしてえ…」

そして、きっとこうも考えているはずです。

「どら○もんが欲しい…」

 

そんな皆様に朗報です。
猫型ロボットではありませんが、これからの暮らしをお手伝いしてくれる
そんなロボットがお掃除ロボット・炊飯ロボットに次いで出てきました。

今日は、CMでも話題のスマートスピーカーを使った暮らしをご提案させていただきます。

 

そもそも、スマートスピーカーって何?

 

うさたん
スピーカーとついてるし賢い音楽が聴ける機械…?

なんていう安直な考えのひとはいませんか?そうです。私です。

簡単に説明すると、AIプラットホームを内蔵するスピーカーで音楽を聴く以外にも
話しかけることによっていろいろなデバイスが起動してくれるというのです…近未来!

こちらはLINEが販売しているclovaのCMを引用させていただきました。
地上波だとgoogleのスマートスピーカーCMを目にされた方も多いのでないでしょうか?

「amazon」や「apple」も販売開始予定スマートスピーカー。
一体どんな機能がついているのでしょうか?

 

スマートスピーカーの主な機能

 

各社様々機能がついておりますが主な機能は以下の通りです。

音楽の再生
ニュース記事や天気予報などの読み上げ
家電の操作
ネット通販の注文

これに加えて各社が出しているスマートスピーカーにはそれぞれの企業の特徴がありますが、
それに関してはきっと私以外の誰かが取り上げてくれてると思うのでぜひ見てください…。(人任せ)

 

さてさて、それでは本題。
このスマートスピーカーで家庭にどういった影響があるのでしょうか?

 

考えてみた

 

まず、スマートスピーカーを使うことにより今までの暮らしと大きく違う点といえば
言葉で機械が起動し作業してくれるという点です。

つまり自分自身がその場に行って機械を動かすという手間が省けるということですよね。
以上のことより、私が便利になる点こういったところになると思います。

 

子どもを抱いたまま行動ができる

たとえば、電気をつける。
テレビをつける。エアコンをつける。

当たり前のように過ごしていると気が付きませんが、
これらの行動は子どもを抱きながら行おうと思うと、意外と大変です。
片手に10㎏以上の物を持ちながらこれらを行うとすると、少しの行動でも
身体に付加がかかってしまうということが容易に想像がつきますよね。

こういったことも言葉ひとつで叶うとしたなら、時間の短縮はもちろんのこと
ほんの少しのことですがこういったことの積み重ねが親御さんにとっと快適に家事ができる
手助けになるのではないでしょうか。

忘れることが少なくなる

家事をしていて「あっ…この日用品きれてそう…」なんてことよくありませんか?
私はあります。ずぼらです。

でもすぐにメモしとかないと買い物行ったときにはすっかり忘れてしまってて、
次使うときに思い出す…なんてことを、私は繰り返してしまいます。

そんなときこのスマートスピーカーにその場で声に出して頼めば、
忘れることはおろか、その場で注文までしてくれるので
買い物に行く手間さえ省けてしまいますね。

子どもとのコミュニケーションがどこでもとれる

携帯電話を持っていないお子様、また、文字を打つことができない・読むことができないお子様と
離れた場所からコミュニケーションをとろうと思えば今は電話が主流ではないでしょうか?

しかし親御様が移動中の場合、電話ができるところでしか連絡がとることができません。

スマートスピーカーはこういった場面でも役に立ちます。
LINEの読み上げや打ち込みが言葉でできるので
お子さまがスマートスピーカーに「○○ってお母さんに送って!」といえばお母様の携帯に文字として
お母様がLINEで「○○」と返せばお子様には言葉として届きます。
そのため、どんな場所でもお子様とコミュニケーションをとることができます。

夫婦愛がふかまる

恥ずかしい言葉をスマートスピーカーを通して伝えあってみてはいかがでしょうか。
お子様がきいた場合は「演劇の練習」とでも言っておきましょう。

苦しい。

婚期が早まる

彼氏がいるところであえてスマートスピーカーに「結婚 せまりたい 検索」と声をかけてみましょう。
明日には「ゼク○ィ」が机のうえにのっているかもしれませんよ。

※実行することにより起こった事象にかんしては一切責任を問いかねますので
ご了承ください。へへへ。

 

今後あったらうれしい機能

 

ここからお伝えするのは私の妄想をもとにあったら今後こんな機能が増えたらうれしいなあ~というものを
羅列していきます。

 

一度買ったものを周期から統計して呼び掛けてくれる

消耗品の場合、「使う人数」「使うもの」を統計から「そろそろなくなりませんか…?」と
声をかけてくれるという機能があれば買い忘れさえも防止してくれる…!
ずぼらな私にはぴったりです。

うつぶせ寝などの事故死防止機能

息をしているかどうかをすぐに感じ取ってくれる機能…。
レム睡眠ノンレム睡眠を感じ取ってくれるスマホアプリが今でもありますね。

勿論、親御様は常に意識されているところだと思いますが
そういった点も手助けしてくれると、助かりますよね。

離れた人の安否確認

今でもある機能ではありますが、たとえば「電気をつけて」と頼んだときに
親族にその情報がいくとすれば、離れたところでも「今何かをしている」ということが
わかる機能があれば安否確認できていいなあ~と思います。

ツンデレ機能がある

「べっ、別に、アンタのためにやってあげてるわけじゃないんだからね/////」

 

まとめ

 

様々なロボットが出てきている今、暮らしが更に便利になってきています。

暮らしが便利になることでお子様との時間を長くとることが出来
家事が迫る苛立ちや時間への苛立ちが減ることで、余裕を持ってお子様と関わることも出来ますね

忙しく生きる今の人たちにとって、時間を作るだけでなくかけがえの無いコミュニケーションツールとしてこれからつかわれていくのではないでしょうか。

うさたん
こんなスマートスピーカーはいやだ。どんなスピーカー?
うさたん
反抗期があって、たまに反論してくる
うさたん
IPPON!!!!

お粗末さまでした。

あでゅー!

Mitってなに??
Mitは明日がもっと楽しくなるような情報を発信するエンターテイメントパラレルメディアです。

最新の情報から、ちょっと変わった視点の情報まで!

イラストレイター、アーティスト、起業家、エンジニアetc…といった様々なジャンルを本業とするメンバーが、独自の切り口、キャラクターで情報を発信しています。

ぜひ、そんなクリエイターたちの作る記事を見て「明日をもっと面白く」する話題を見つけてみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

うさたん

元保育士。「親子の境界線をなくそう」を目標に、子どもも大人も心の豊かさが学べる事業を提供したく、現在経営コンサルティング会社で勉強しながら起業準備活動中。