話題のシェアリングエコノミーに新顔登場!今度は荷物の保管場所「monooQ」

PR

とびー
こんにちは。
いつか使うだろうと取っておくもの、9割使わない。
とびーです。

みなさんは家の収納スペース足りていますか?

私は圧倒的に足りず部屋がモノであふれかえっています。(ほんとは掃除が嫌いなだけですが)

おそらく一人暮らしや、モノの多い人であれば一度は「トランクルームを借りようかな?」なんて考えたことがあるのではないでしょうか?

そんなニーズを解決してくれるサービスが、今回はいま圧倒的に伸びている分野

シェアリングエコノミーとして正式のローンチされたので紹介したいと思います。

monooQ

それがこちら。

荷物を預けておきたい人と、空いている空間を活用しようという人を繋げるサービス「monooQ」です!

このシンプルなインターフェイス。

最近のシェアリングエコノミー系サービスだなーと感じます。

何ができるの?

荷物を預けたい人

荷物を預けたい人は↑の検索バーから預けたいエリアを検索します。

しかも預ける期間も、長期と短期で選ぶことができます。

これは便利ですね。

長期の場合は家の近くでトランクルームとして。

短期の場合は出張、旅行先で、コインロッカーでは入らないような荷物がある時や、少し預けておきたいときに使えそうです。

検索を行うとこのような画面が出てくるのでこの地図から預けたい場所を決めることが出来ます。

ちなみにピンをクリックすると1日辺りの料金が出てきます。

私が確認したところ、今のところの相場としては1,000円くらいだったと思います。(すみません、全部は確認していません)

あとはホスト(預かり主)と連絡をとって、荷物の情報や受渡の確定を行い、決済をする。という流れのようです。

荷物を預かりたい人

荷物を預かりたい人はホストとして登録することができます。(登録するとおそらく地図に表示され預かることが可能になる。)

ユーザー登録を行うと画面右上に登録用のボタンが出てきます。

ちなみにHELPを確認したところ、預かる料金はホストが自由に決められるようです。

もし、家に空いているスペースがある時は周辺のトランクルームや他のホストの相場を調べておけば、価格優位性を出せるかもしれないですね。

まとめ

今回は荷物を預けておきたい人と、空いている空間を活用しようという人を繋げるサービス「monooQ」を少し見てみました!

現在の展開だけではただのC to Cサービスに見えるかもしれませんが、日本には空き家問題等の社会的課題があります。

その課題解決という意味合いで、あらゆるところと提携ができるサービスだと思うので、私個人的に今後期待しているサービスです。

また機会があれば使って見たいと思います。

皆さんも、荷物でお困りのときはmonooQを利用してみたり、明日の話題にして楽しんでみてくださいね!

とびー
大阪ホスト少なかったしホストなろうかな…
あ、まず部屋片付けないと。

では!

Mitってなに??
Mitは明日がもっと楽しくなるような情報を発信するエンターテイメントパラレルメディアです。

最新の情報から、ちょっと変わった視点の情報まで!

イラストレイター、アーティスト、起業家、エンジニアetc…といった様々なジャンルを本業とするメンバーが、独自の切り口、キャラクターで情報を発信しています。

ぜひ、そんなクリエイターたちの作る記事を見て「明日をもっと面白く」する話題を見つけてみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

とびー

新卒で財務コンサルティング会社に就職し独立。 財務コンサルタントとしてのノウハウと、自身で運営するメディアや、クラウドファンディング事業とかけ合わせ、中小企業、若手起業家のを様々な側面からサポートする。 プログラミングや、デザイン、写真、財務、営業などのスキルを持ち合わせるが器用貧乏感が否めない。 Mitでは主にビジネス、Webサービス関係の記事を担当。