結局のところ「いいね」が一番もらえるのって猫なんじゃね?

PR

うさたん
キラキラ女子に憧れて卑屈になりドロドロ女子と化しました
こんにちは。うさたんです。

学生時代にキラキラ女子を見て「うらやましい」と思いながら
は?私個性派だし」とか言って髪の毛刈り上げたり
バンドしたりして個性派という名の没個性をしていました。
歴史が黒い。

そんな私が憧れていたキラキラ女子がこぞって
今何のSNSをしているか皆様知ってますでしょうか。

…言わずと知れたinstagramですよね。
インスタ映え“気にして生きてますよね。まじ卍。

でも、ドロドロ女子の私には如何せん”インスタ映え“の定義が分からない…

そこで、自分を被写体にしどの写真が一番「いいね」が多かったのか検証してみました。

【閲覧注意】
上記の通り、「自分を被写体にして」おります。そのため私の顔写真が満載で御座います。
ご了承くださいませ。

 

第5位 自撮り

 

髪切ってしっかりめに化粧したことによりテンションあがり
自撮りをしてみました。SNOWの力まじで偉大。
10万ボルト。かえんほうしゃ。スマブラのB+下。

いいね数結果 110人

そんな偉大なSNOWの力をお借りして尚今回用意した写真の中で最下位でした。
なんか画面に近い?いや顔でかいからや!
えっ?このページだけ狭い?いや顔でかいからや!

 

第4位 全身うつる写真

 

この写真すごく山の中にサンダルで行ってるみたいになってますが
なんと、梅田のスカイビルの裏なんです。
都会に見えない雰囲気がすごく気に入ってます。
(髪切ってまる子ちゃんって呼ばれ始めました)

いいね数結果 111人

服の色が後ろの緑と合っていて個人的には気に入っている写真なのですが下位でのランクイン。
笑いすぎて歯茎が見えそうなところが世間様からの大きく
マイナスポイント頂いているのかもしれません。

チャームポイントと言わせて…

 

3位 お友達とのがやがや楽しそうな写真

 

華の金曜日をいつも過ごしているメンバーで呑んでた時の
お写真です(書きながらほんっとうにどうでもいい情報すぎた)

いいね数結果 113人

これは完全に友達が二人とも可愛すぎるというアドバンテージが
あるので私に対する「いいね」としては正確な数値ではない気もしますが…泣いてないよ…大丈夫…

SNOWのカラフルガヤガヤな効果もありより楽しそうに見えてるのも
要因の一つかもしれません。

「友達”“かわいい子ほんまおおいね!」って言われがちです。
…全然大丈夫!!平気平気!!かわいい子に嫉妬して妬んで生きてるから!!
全然平気!

 

2位 サロンモデル写真

 

仮撮りや練習撮りなどでたまに美容院の撮影に呼んでいただくのですが
こちらもその際に撮っていただきいただいたお写真です。

メイクからヘアセットまで美容師様にやっていただいていたので
いつもと違った雰囲気に撮っていただきめちゃめちゃ満足して
さっそくインスタグラマー(決して馬鹿にしてない)としてアップしました。

いいね数結果 152人

友達からは「いや、誰やねん!」とそう突っ込みされてるこの写真が2位にランクインしました。

いいねして頂いている方々のページに飛んでみるとどうやら
美容師をされている方が多かったです。

でもどの美容師様も「わが美容室で…」とは言ってくれませんでした。
何?どこが不満?えっ、もしかして、もしかしてだけど、顔?

 

1位 背景に重きを置いたアンニュイな写真

こちら、大阪の難波~日本橋にかけて歩きながらポートレートにて
撮っていただいた写真なのですが
物語が見えてきそうな一枚にして!」と無理強いして撮ってもらいました。

どちらかというと人に焦点をあてるというよりは
背景の中に一人の人がいる…というような感覚のイメージです。

いいね数結果 164人

私的には意外だったのですがこの写真がすべての写真の中で
一番いいね!を頂く数が多かったです。

髪の毛をわざとボサボサにして顔があまり見えてないようになってるのに不思議だなー!
とっても不思議~!!顔、あんまりみえてないのになー!!!

 

まとめ

私の顔ばかりアップしてしまい失礼しました。
この集計をとってみて、色味に統一感のある写真は
「いいね」の数が多いなという印象でした。
そして、少し日常の中の”非日常”的な雰囲気がinstagramでは人気なのかもしれません。
ナイトプールとかもそんな感じでしょうか。

インスタ映え…の定義がわからないまま日々過ごしている人にとって
ちょっとした参考になったら嬉しいです。

うさたん
今度可愛い人の自撮りと1位の写真で対決してみよ…凹凹凹凹

あでゅー!

Mitってなに??
Mitは明日がもっと楽しくなるような情報を発信するエンターテイメントパラレルメディアです。

最新の情報から、ちょっと変わった視点の情報まで!

イラストレイター、アーティスト、起業家、エンジニアetc…といった様々なジャンルを本業とするメンバーが、独自の切り口、キャラクターで情報を発信しています。

ぜひ、そんなクリエイターたちの作る記事を見て「明日をもっと面白く」する話題を見つけてみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

うさたん

元保育士。「親子の境界線をなくそう」を目標に、子どもも大人も心の豊かさが学べる事業を提供したく、現在経営コンサルティング会社で勉強しながら起業準備活動中。