日本の歌詞はどこに向かうのか

PR

うさたん
ライブハウスで働いていた時期はアマチュアバンドの方が好きだった気がする

こんばんは。うさたんです。

皆さんは音楽が好きですか?好きですよね。分かります。

中には好きすぎて自分で音楽を始めてしまう人もいるのではないでしょうか?
かくいう私も音楽が好きすぎて高校のころから音楽活動をしていた輩の一人です。
久しぶりにバンドを来年から始めることになりましたという告知もここでしておきまs…ウワゴメン嘘蹴らないで

 

音楽を聴くときに
リズムから入る人、歌詞から入る人、見た目から入る人
それぞれやはり好みがありますが、私は昔から圧倒的に歌詞から入る人でした。

そんな好みが前後するわけもなく今でも音楽を聴くときはまず歌詞を聴いてしまうのですが
最近の歌詞…すごくない?なんか、わけわかんなくない?

というお話を今日はさせて頂こうと思います。

 

客観視してちょっと笑う

っていうと言い方は良くないのかもしれませんが
ある人の特徴をとらえて「こういう人いるよね~」っていう歌詞。

こういうのって、昔流行った「血液型診断」
の本みたいなもんで、誰にでも当てはまるように書かれてるかもしれないけど
なんとなく自分のこと言われてるようにかんじちゃいますよね。

そんなブームを起こしたバンドは間違いなくこのバンド。

 

 

(一部抜粋)

お笑いと言えばラーメンズ!ブログに書いちゃう鬱日記!弾けもしないに楽器披露!!
脈絡無いけど彼氏欲しい!けど数分後にはバイ宣言!!男なんていらないわ!MAC片手にスタバでcofee!寂しさなんて見せないわ!
意味なくSUBWAYでohyeah!
意味なくIKEAでもoh yeah!意味なくヴィレヴァンでもohyeah!!サブかる女子に賛辞ohyeah!!

ブログはお菓子祭り、お菓子はチーズケーキ
装備は黒ぶち眼鏡、かばんは缶バッチまみれ
不思議な飲み物チャイラテ、固い感じのスタバの高いパン、ちっさい口にほりこんで
誰に自慢するわけもなく

 

いやもう。偏見がすごい。
でもすごく分かる。確かにいるいるってなる。

こういう女子は
ちょっとエッチな女の子の写真集を買って「かわいい子が好き」とか言っちゃう。(これは私の偏見)

 

えっ、結局何が言いたいん?

こういう歌詞にハマっちゃうのが私なんですね。
何考えてるかわからないほうがモテるっていうしね。うんうん。

ま、私はわかりやすい人が好きですけどね。
っていう言葉がいま宙に浮いてますね。誰か聞いて。

結構抽象的に言ってますけど、こういう歌詞のことを指してます。

 

(一部抜粋)

さっきから聞いてないでしょ 私の話。
ねぇねぇ、聞いてよ そこのドーナツ屋来週オープンだって

あーあ、2人で行こうと思ってたのに
あーあ、連れてってやろうと思ってたのになぁ

コミュニケーションの取り方癖がすごい!!!!

多分、これ別れ間際の感じですよね。別れ間際やからコミュニケーションが
うまいこととれへんのじゃろうな…
確かにコミュニケーション不足やったら意思疎通難しいしな…別れ間際って確かに相手に関心なくなるしな…

…っていう風に勝手に解釈して勝手に共感して勝手に好きになっています。
そうです。好きです。

 

草食系男子

一昔前はきっとこうじゃなかったはずなんですよ。
ほら、UVERw●rldとか攻めた感じの「男らしい」バンドが流行っていた気がする。
俺についてこい!って感じの。

でも時代は揺れ動くものですよね。

 

 

(一部抜粋)

涙の訳を整理したくて
B5の紙に書き出してみたんだ
辛さ悲しさ感情いろいろ 滲んだインクの先に僕が透けていた

男は最初になりたがり、女は最後になりたがる
名言にあやかって言わせれば
どうやら僕は情けなく後者らしい

…もう。ギュッとしたい。ぎゅっとしてあげたい。
浮気をされる側なんですよね。男の子が。
女の子のフリして書く、とかではもはやないんですよ。
昔の歌詠みもびっくりですよ。

かっこつけるんじゃなくて、等身大に好きだ好きだと叫ぶ声が逆に響きますね。
そんな時代になってきましたね。最高。

 

まとめ

いや、この記事、何が言いたいかというとね。
いやもう。今の日本の歌詞最高。多種多様。好き。個性。

 

普段はリズム派。洋楽派。音楽興味ない派の皆様も
ぜひ歌詞気にして聴いてみてくださいね!

アデユー!

Mitってなに??
Mitは明日がもっと楽しくなるような情報を発信するエンターテイメントパラレルメディアです。

最新の情報から、ちょっと変わった視点の情報まで!

イラストレイター、アーティスト、起業家、エンジニアetc…といった様々なジャンルを本業とするメンバーが、独自の切り口、キャラクターで情報を発信しています。

ぜひ、そんなクリエイターたちの作る記事を見て「明日をもっと面白く」する話題を見つけてみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

うさたん

元保育士。「親子の境界線をなくそう」を目標に、子どもも大人も心の豊かさが学べる事業を提供したく、現在経営コンサルティング会社で勉強しながら起業準備活動中。