今度は時間を売買!?リアルタイムに売買できる時間取引所「タイムバンク」

PR

とびー
こんにちは。
本業の関係で現在1週間日中ほぼインターネットに接続できない。
ローカル人間とびーです。

近年WEB上で誰もが色んなものを売買できるようになりましたよね。

手づくり、古物は勿論、最近だと特技や自分の価値まで売買できるようになっています。

そんな中今回はまた新たな自分の◯◯を売買できるサービスが登場するとのことで紹介したいと思います。

タイムバンク

こちら「タイムバンク」は「専門家」(技術者、経営者、アスリート、歌手etc…)の空いている時間を、一般の「消費者」が購入、使用、売却、保有する事ができる「時間」の取引所です。

まだローンチ前のサービスですが、プレスリリースが発表されました。

タイムバンクとは

専門家
⇨自分の空き時間、隙間時間をタイムバンクで販売

一般消費者
⇨専門家が販売した時間をタイムバンクを通じて購入、使用、譲渡、保有

というプラットフォーム型のサービスになっています。

また取引所というだけあり、専門家の販売している時間の市場価格が変動する仕組みになるようです。

タイムバンクでできること(一般消費者)

  1. 時間を買う
    ⇨10秒単位で、専門家の時間を買うことができます。
  2. 時間を使う
    ⇨決められた用途で時間を使用できます。例:イベント登壇依頼、相談、取材etc…
  3. 時間を売る
    ⇨保有している専門家の時間を、他の一般消費者に市場価格で売ることができます。
  4. 時間を持つ
    ⇨専門家を長期的に応援したい場合は時間を持ち続けることもできます。

つまり一般消費者として使うときは、純粋に専門家を応援することもできれば、普通のルートではできないお仕事の依頼や、伸びそうな方の時間を保有し販売することで差益を得ることもできるということになります。

タイムバンクでできること(専門家)

専門家は自分の隙間時間を販売しお金に変えることで、本業に専念し更に専門性を磨くことができます。

また、タイムバンクというプラットフォームを通じて自分の活動、専門性を外部アピールすることができます。

発行者の事前募集

サービスローンチに向けて時間を発行者を募集しているとのことです。

ちなみに発行には審査があり、その審査へ申請するためには自分の影響力が必要とのこと。

その影響力は、Facebook、Twitter、YouTubeのアカウントを連携してオンライン上の影響力を算出するとのことです。

影響力の算出方法は単純に友達やフォロワー、チャンネル登録者の数だけなのか、投稿の件数やそのシェア、いいねの数が影響しているのかは不明です。

まとめ

この「タイムバンク」β版のリリースは初秋を予定しているそうで、また面白いサービスが出てきそうですね。

リリース当初はiOSのアプリのみでの運用になるそうで、年内にAndroidも対応予定とのことです。

ちなみに現在申請申し込み画面から、自分の影響力を数値として算出もできるようなので興味のある方は試してみるのも面白いかもしれません。

ぜひみなさんも、自分影響力を試してみたり、明日の話のネタにしてみてくださいね!

では!

Mitってなに??
Mitは明日がもっと楽しくなるような情報を発信するエンターテイメントパラレルメディアです。

最新の情報から、ちょっと変わった視点の情報まで!

イラストレイター、アーティスト、起業家、エンジニアetc…といった様々なジャンルを本業とするメンバーが、独自の切り口、キャラクターで情報を発信しています。

ぜひ、そんなクリエイターたちの作る記事を見て「明日をもっと面白く」する話題を見つけてみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

とびー

新卒で財務コンサルティング会社に就職し独立。 財務コンサルタントとしてのノウハウと、自身で運営するメディアや、クラウドファンディング事業とかけ合わせ、中小企業、若手起業家のを様々な側面からサポートする。 プログラミングや、デザイン、写真、財務、営業などのスキルを持ち合わせるが器用貧乏感が否めない。 Mitでは主にビジネス、Webサービス関係の記事を担当。