起業したい!あなたの起業は「スタートアップ」or「スモールビジネス」?

PR

とびー
こんにちは!
起業したての頃、わけのわからない専門的な横文字が多すぎて困惑した。
とびーです。

「起業しようかな」

AI等のテクノロジーの進歩、政府の副業の推進、C to Cビジネスの増加etc…

様々な時代の変化を感じ、そのように考える人も増えてきたのではないでしょうか。

「生涯1社」なんてことも言っていられないこの時代で、それぞれのライフスタイルにも多様性が生まれています。

今回はその中でも「起業」というものにスポットを当てていきたいと思います。

そもそも起業とは?

まずは起業ってそもそも何なの?というところから書いていきたいと思います。

起業

起業(きぎょう)とは、新たに事業を手がけること。創業ともいう。

wikipedia参照

定義としては、「新たに事業を手がける」というところがポイントかと思います。

つまり、「会社を作る」= 起業ではなく、法人化していなくとも製品・サービスを提供し、その対価として金銭を受けとっていれば、それは1つの起業ということです。

ベンチャー、スタートアップ

起業と聞くと、ベンチャーやスタートアップという言葉を連想される方も多いと思います。

しかし、起業 = ベンチャー・スタートアップかと言うと、それは少し違います。

ちなみに日本では、ベンチャーとスタートアップも同じものとして表現されることが多いですが、アメリカでは違うものとして認識されています。

ベンチャー

革新的なアイデアや技術をもとに、新しいサービスやビジネスを展開し、長期的な成長と安定的な収益を目指す企業

日本ではおおよそこのような意味合いで表現されることが多いです。

スタートアップ

新しいビジネスモデルを開発し、ごく短時間のうちに急激な成長とエクジットを狙う事で一獲千金を狙う人々の一時的な集合体

ベンチャーとの違いを簡単に表現すると、「スピード感(短期成長)」「ビジネス”モデル”の構築」「エクジット(バイアウトor上場)を狙う」というところではないでしょうか。

つまり、ベンチャーに上記の要素が含まれているものがスタートアップと呼ばれるのだと思います。

スモールビジネス

このベンチャー、スタートアップと共に語られるのがこちら。

スモールビジネス

これは優良な中小企業ベンチャー企業を呼ぶ新たな名称である。近年になってから人材派遣ソフト開発などを行う中小企業やベンチャー企業が増大してきており、その中に存在する規模は小さいものの優良な企業のことがスモールビジネスと呼ばれている。従来ならば大企業であることが良いとされていたように、企業の良し悪しを判定する場合には企業の規模をそれの基準としていたのだが、その基準に当てはまらないような企業が増えてきているため、生まれた認識である。

Wikipedia参照

これでいくと、スモールビジネスの中にベンチャーの定義も含まれるので革新性がり、優良である事業がスモールビジネスとされるわけです。

ただ最近だと、上記の定義にあてはまらないフリーランスやアフィリエイター等もスモールビジネスと表現されていることが多いです。

起業について定義した理由

ここでお伝えしたかったのは、起業にも様々なスタイルがあるということです。

起業したからといって、大企業を目指す義務があるわけでもなければ、上場する必要もありません。

世の中を良くする、社会の課題を解決することを目指す起業もあれば、自分のできる範囲で自分のスキルを売ることも起業です。

起業と聞いて一概に難しいものと捉えずに、あなたの人生の選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

また既に起業を考えている方も、自分がしたい起業がどれなのかを明確にすることでその下準備も具体的になってくるのではないでしょうか。

まとめ

人生は常に選択です。

起業をするしない。

どういった起業をするのか。

そして一番大切なことは、「何のためにその選択をするのか」だと思います。

あなたの願いや夢を叶える。そのために最適な選択が起業であれば、挑戦してみてはいかがでしょうか?

とびー
えらそうなこと言ってるけど、自分が一番頑張らんと…

では!

Mitってなに??
Mitは明日がもっと楽しくなるような情報を発信するエンターテイメントパラレルメディアです。

最新の情報から、ちょっと変わった視点の情報まで!

イラストレイター、アーティスト、起業家、エンジニアetc…といった様々なジャンルを本業とするメンバーが、独自の切り口、キャラクターで情報を発信しています。

ぜひ、そんなクリエイターたちの作る記事を見て「明日をもっと面白く」する話題を見つけてみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

とびー

新卒で財務コンサルティング会社に就職し独立。 財務コンサルタントとしてのノウハウと、自身で運営するメディアや、クラウドファンディング事業とかけ合わせ、中小企業、若手起業家のを様々な側面からサポートする。 プログラミングや、デザイン、写真、財務、営業などのスキルを持ち合わせるが器用貧乏感が否めない。 Mitでは主にビジネス、Webサービス関係の記事を担当。