ノンデザイナーでもオシャレにデザイン!「Canva」がついに日本上陸!

PR

とびー
こんにちは!
センスがなさすぎてプレゼン資料はいつも白背景に黒字オンリー。
とびーです。

みなさん。

人生で一度はプレゼンというものを経験したことがあるのではないでしょうか?

とびーこう見えてもプレゼンでの喋りはバリバリ得意です。それはもうあのスティーブ・ジョブズにも負けず劣らずです。

そんなとびーでもプレゼンにおいて苦手なことがあります…

 

それが、プレゼン資料作り。
(主にデザインが苦手)

 

今まではノリと勢いで誤魔化してきましたが、やはりプレゼンは喋り、内容、見栄えが揃ってのものだと思います。

そんなとびーにメシア(救世主)が現れました!

それがこのクラウドサービス

Canva」です。

Canvaの概要

CanvaとはPhotoshopやIllustrator等のデザインツールを使わなくても、誰でも簡単に直感的にプレゼン資料や、バナー、フライヤー等のデザインができるクラウドサービスです。

オーストラリア発のサービスで、2017年5月24日KDDIウェブコミュニケーションズがCanvaの独占業務提携契約を結び、日本語版のリリースが発表されました。

Canvaの使い方

まずは会員登録で、ソーシャルログインも使用できます。

メールアドレスかFacebook、Googleアカウントのいずれかで登録できます。

登録が完了すると後は簡単です。

デザインのテンプレートがあるので選んで編集するだけです。

たくさんテンプレートがありますね。

用途によって既にサイズも調整してあるので、便利そうです。

さて、とびーもプレゼン資料作りを試してみようかと思ったのですが…

 

これ、自分を雑誌の表紙にできるんじゃね?

と思ったのでやってみたいと思います。

とびー雑誌の表紙になってみた

編集画面に行くと更に細かいテンプレートがありました。

画像差し替え

じゃん!

ふふふ。モデルがいいからかそれっぽくなりました。

Canvaではテンプレートだけでなく、もちろん画像もアップロードでき、テンプレートに差し込むことができます。

また、フリー素材も充実しているのでわざわざ他で素材を探してきて…

という手間も減りそうです。

レイアウト

文字や図形を入れる際には補助線が表示されます。

これがあれば文字を縦、横に揃えることも容易ですね。

出力

完成すれば、データとして出力することができます。

ちなみに形式はPDF、PNG、JPEGに対応しています。

完成

完成です。

いや、思わず笑って買ってしまいそうな雑誌の表紙が出来ましたね。

センスのないとびーでも所要時間は10分くらいで、更に無料でここまでできました。

これはいろいろな制作物の際に役立ちそうですね。

有料にすると…

  • 300,000件の写真やイラストを無料で利用
  • フォルダを無制限に作成でき、デザインを整理してチームと共有できます
  • マジックリサイズを使用すると、作成しているデザインのサイズを、他のデザインタイプのサイズにあっという間に変更できます
  • ブランドカラー、ロゴ、フォントが保存できます

上記のことができるようになるようです。

まとめ

普段からデザインに慣れている方であれば必要ないかもしれません。

ただ私のようなノンデザイナーでもCanvaを使えば、簡単な資料作成等であれば最低限のクオリティを確保できるのではないでしょうか?

とびー
全然意味のないもの作ってしまった…

では!

 

Mitってなに??
Mitは明日がもっと楽しくなるような情報を発信するエンターテイメントパラレルメディアです。

最新の情報から、ちょっと変わった視点の情報まで!

イラストレイター、アーティスト、起業家、エンジニアetc…といった様々なジャンルを本業とするメンバーが、独自の切り口、キャラクターで情報を発信しています。

ぜひ、そんなクリエイターたちの作る記事を見て「明日をもっと面白く」する話題を見つけてみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

とびー

新卒で財務コンサルティング会社に就職し独立。 財務コンサルタントとしてのノウハウと、自身で運営するメディアや、クラウドファンディング事業とかけ合わせ、中小企業、若手起業家のを様々な側面からサポートする。 プログラミングや、デザイン、写真、財務、営業などのスキルを持ち合わせるが器用貧乏感が否めない。 Mitでは主にビジネス、Webサービス関係の記事を担当。