またSNSが増えるの?Twitter超えとも言われる新SNS「Mastodon」!

PR

とびー
はじめまして。
大量のSNSに追いつけない、とびーです。

4月末くらいに個人のブログで紹介もしているのですが、ついにSNSに新時代が来ると話題になってます。

それがこちら。

「Mastodon(マストドン)」です。

今回の記事は「ん?Mastodon(マストドン)って何?新しい丼ぶり?」となった方の為に、基本的な内容を解説していきたいと思います。

Mastodonとは?

ー分散型SNSー

Mastodonは、24歳のドイツ人 「Eugen Rochko氏」がオープンソースで開発しているSNSで、分散型SNSと呼ばれています。

基本機能やインターフェイスはTwitterに近いですが、仕組みの部分が従来のSNSとは全く違っています。

 

Mastodonの特徴

ー最大の特徴ー

Mastodonの最も大きな特徴は、「誰でもSNSのような仕組みを持ったサイトを作れる」というところです。

Mastodonはオープンソースになっているため、誰でも「インスタンス」というものを作ることができます。

このインスタンスとは、SNSの機能を持った一つのサイトのことだと思ってください。

つまりMastodonでは、Twitterに例えるとユーザーは会員登録をして参加できるだけでなく、Twitterというサイトを作ることもできるということです

ここがMastodonの最大の特徴と言えます。

 

ちなみに…

PC画面はこんな感じです。

 

Mastodonの用語説明

ーTwitter比較ー

Mastodon独自用語・機能には※をつけてます。

トゥート

Twitter:投稿

ブースト

Twitter:リツイート

フォロー

Twitter:フォロー

お気に入り

Twitter:お気に入り

リモートフォロー※

他のインスタンスのユーザーをフォロー

ホーム

Twitter:タイムライン

ローカルタイムライン※

同じインスタンス内のユーザーの「トゥート」「ブースト」「お気に入り」が表示されるタイムライン

連合タイムライン※

全インスタンスの「トゥート」「ブースト」「お気に入り」が表示されるタイムライン

触りとしてはこれくらいかなと思います。

Mastodonを触ってみたい方へ

ーどのインスタンスで登録するかも重要ー

ここまで読んでみて「よくわからないけど、とりあえず触ってみたい」と思ったあなた。

最初に記載した通り、Mastodonには複数のインスタンスが存在します。

そしてそのインスタンス同士では共通アカウントというものがないので、インスタンス毎のローカルタイムラインを見たい場合はそれぞれのインスタンスで登録する必要があります。

 

また「誰でもインスタンスが作れる」という性質上、悪意を持った人がメールアドレスやパスワード情報を取得するためにインスタンスを立ち上げている可能性も否定できません。

ですので、Mastodonに参加する際の注意点として、

注意点
・信頼できる人、企業が運営しているインスタンスを使う
・他で使用しているパスワードを使わない

上記は最低限気をつけた方がいいかなと思います!

 

まとめ

先月東京に行っていたのですが、もう多くの人が電車やカフェでMastodonを触っていたのにはビックリでした。

4月から2ヶ月で日本でもかなり伸びてきているので、これは本当にMastodonの時代が来そうですね。

今回は触りの記事なのでこの辺りにしておいて、このMastodonはインスタンスをビジネスに組み込んだり、1ユーザーとして情報を発信したりと色んな使い方ができそうなので、改めて詳しい記事を書きたいと思います。

それではみなさんも是非、Mastodonを試してみてください!

 

Mitってなに??
Mitは明日がもっと楽しくなるような情報を発信するエンターテイメントパラレルメディアです。

最新の情報から、ちょっと変わった視点の情報まで!

イラストレイター、アーティスト、起業家、エンジニアetc…といった様々なジャンルを本業とするメンバーが、独自の切り口、キャラクターで情報を発信しています。

ぜひ、そんなクリエイターたちの作る記事を見て「明日をもっと面白く」する話題を見つけてみてくださいね!

ABOUTこの記事をかいた人

とびー

新卒で財務コンサルティング会社に就職し独立。 財務コンサルタントとしてのノウハウと、自身で運営するメディアや、クラウドファンディング事業とかけ合わせ、中小企業、若手起業家のを様々な側面からサポートする。 プログラミングや、デザイン、写真、財務、営業などのスキルを持ち合わせるが器用貧乏感が否めない。 Mitでは主にビジネス、Webサービス関係の記事を担当。